骨粗しょう症外来|昭和町の整形・形成外科|太田整形外科医院

055-226-0999

〒409-3867
山梨県中巨摩郡昭和町清水新居498

駐車場20台あり

駐車場20台あり

骨粗しょう症外来

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症外来のイメージ

骨粗しょう症は、高年齢の女性患者が多いことでも知られていますが、主な原因は加齢で、骨の中のカルシウムの量(骨量)が減少し、まるで鬆(す)が入ったように骨がスカスカになり、もろくなる疾患です。症状が進行していくと、くしゃみ、あるいはつまずいて手や肘をついたといった、わずかな衝撃でも骨折をしてしまうことがあります。
また、高齢の方でなくても無理なダイエット、運動不足などの不摂生な生活習慣、特定の病気(関節リウマチ、糖尿病、慢性腎臓病、動脈硬化など)や薬の副作用(ステロイド薬の長期服用など)で発症することもあります。
この骨粗しょう症を中心に診療するのが骨粗しょう症外来です。

50歳を迎える女性は一度検査を

患者の多くは高齢の女性と先に述べましたが、多くの女性は50歳前後で閉経を迎える(個人差はあります)と言われています。閉経になると女性ホルモン(エストゲン)が減少していくのですが、エストロゲンには、骨の新陳代謝に対して骨吸収をゆるやかにし、骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあります。しかし、これが閉経により減少すると骨吸収のスピードが早まり、次第に骨形成が追いつかなくなります。これが骨をもろくする原因なのです。そのため、50歳を間もなく迎えるという女性につきましては、とくに骨粗しょう症の精密検査を一度受けてみることを、お勧めいたします。診断につきましては、骨密度検査、骨代謝マーカーの検査、X線検査、身長測定などが行われます。

骨粗しょう症の主な検査

骨密度検査

骨の強さを判定する際の重要な尺度の1つに「骨密度」があります。
当院では、前腕型の骨密度測定装置を導入し、この検査機器による骨密度の測定(DEXA法)を行っております。
DEXA法(二重エネルギーX線吸収測定法):高低2種類のX線を測定部位に照射して、その透過度をコンピュータで解析し、骨量を調べる方法です。DEXA法では骨量を単位面積で割った値で算出し、「骨密度」として表します。短時間で済むうえ誤差が小さく、放射線の被爆量も少ないので、安全性に優れるという利点があります。

骨代謝マーカーの検査

血液や尿によって「骨代謝マーカー」を調べることで、骨吸収と骨形成のバランスがわかります。このバランスが崩れると、骨は弱くなります。また、骨吸収を示す骨代謝マーカーの高い人では、骨密度の低下する速度が速いため、骨密度の値にかかわらず、骨折リスクが高くなっています。

X線検査

主に背骨(胸椎や腰椎)のX線写真を撮り、骨折や変形が無いか、また「骨粗しょう化」の有無、つまり骨に鬆(す)が入ったようにスカスカになっていないかどうかを調べます。骨粗しょう症と他の疾患との鑑別に必要な検査です。

身長測定

25歳時点の身長と比べて、どのくらい縮んでいるかを調べます。25歳の頃より4cm以上低くなっている場合は、それほど低くなっていない人と比べ、骨折リスクが2倍以上高いという報告があります。

治療に関して

骨粗しょう症の発症原因は、老化や閉経だけとは限りません。専門的な治療や適切な生活改善を行うことで、骨密度の減少を改善し、骨折リスクを大幅に減少させることもできます。そのため「骨の生活習慣病」とも呼ばれ、食事・運動療法もこの病気の予防と改善には欠かせないのです。
なお、骨粗しょう症の診断を医師から受けた場合は、薬物療法が中心になります。それぞれの治療法は以下の通りです。

食事療法

骨の主成分であるカルシウムやたんぱく質、および骨のリモデリング※に必要なビタミンD・Kなどの栄養素を積極的に摂りながら、しかもバランスのとれた食生活を送ることに努めます。
※リモデリング:骨を壊す働きをする破骨細胞が骨を吸収する一方で、骨をつくる働きをする骨芽細胞が、破骨細胞によって吸収された部分に新しい骨をつくる代謝作用。

運動療法

骨は体重の負荷をかけることで丈夫になりますが、必ずしも強度の高い運動が必要ではありません。ウォーキングのような軽度の運動をするだけでも十分に効果があります。とにかく長く継続することが大切です。

薬物療法

多くの場合、骨粗しょう症の診断を受けたときから始まります。骨の破壊を抑制する薬(ビスフォスフォネート製剤やSERMなど)や骨の材料を補う薬(カルシウム製剤や活性型ビタミンD3製剤など)などが医師の判断により処方されます。

クリニック概要
Clinic Information

医療法人 太田会 太田整形外科医院
受付時間 日・祝
8:30

11:30
理事長 理事長 理事長 理事長 理事長 理事長
13:30

18:00
院長 院長 院長 院長 院長

理事長:太田道夫  院長:太田道紀

診療科目
整形外科、形成外科、
リハビリテーション科、リウマチ科
住所
〒409-3867
山梨県中巨摩郡昭和町清水新居498
アクセス
【甲府昭和インター方面より】甲府バイパス
国母交差点左折 昭和通り沿い
・駐車場20台あり
TEL
055-226-0999